Wednesday, April 24, 2013

確定・ボストン・マラソン爆破事件もやっぱりヤラセだ!!

前々回の記事、
地震やらテロやら 好き勝手にやってくれますねぇ――ボストン・マラソン爆破事件も大いに「ヤラセ」の可能性!
http://insidejobjp.blogspot.com/2013/04/blog-post_18.html

に書いた↓(コピペ引用)
そして多くが既にご覧になったと思うこの一枚
https://fbcdn-sphotos-g-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash3/562516_454814287928073_487328408_n.jpg
"爆破で足を失った犠牲者"はなんと、アフガニスタンのカンダハールで2011年11月に負傷して足を失った米兵だった!

についてコメントを頂戴しました。
要旨は「足を失ったのはジェフ・ボウマン氏で、そこの指摘は重大な間違いだ。元米兵のニック・ヴォウト氏にも失礼である」というもの。上のリンクを開けて、コメント全文ならびに私のレスもご覧ください。

私がこの情報を載せたのは、最初に上の写真を見たとき、その両足切断された犠牲者の顔がどうしてもメーク・アップした顔にしか見えなかったからであり、足から突き出ている骨と思しきものなどが作り物っぽく見えたから。

それにアフガンで両足を失った米兵の演技だったなら、彼の足は付け根あたりから切断されているので、その先いくらでも作り物をくっつけられるなと思ったのですよ。

記事アップを急いで(色々な妨害で余計に時間がかかるし)、ツィッターで流れてきた画像をそのまま載せたのは事実ですが、それなりに直感的印象からも「載せろ」と言われたような感じだったのでね。

とにかくその真偽を確かめなければと、すぐさまネットで色々見始めましたが、最初に思ったのは

ハハ~ン、さては『あれは米兵が演技をしていたのだ』という話を最初に流してから『実は別人じゃないか!』という続報を出すことによって、我々腐敗し切った権力者たちの陰謀を暴く者を非難、否定する作戦か

でした。

それはさておき、まずみつけたのはこちら God Like Productions の掲示板で
両足を失った奴は退役兵ニック・ヴォウトだよ」というタイトルのスレッド
http://www.godlikeproductions.com/forum1/message2207534/pg1
ここ↓のトップが
どうかな...足を失ったのはマサチューセッツのチェルムズフォードから来たジェフ・ボウマンで~

と指摘し、ジェフと父親(もジェフ)のフェイスブックへのリンクを貼っている。

米国のどこかわからないが、その投稿された時間から見て、私が前々回の記事をアップしたときより後と思われるので、「ソラアキラ」氏が言うように「10分も検索すれば」はもっと時間が経ってからの可能性もある。

とにかく続きを見ていくと
http://www.godlikeproductions.com/forum1/message2207534/pg2
その米兵じゃなかったとしても、奴のFBページは2007年に入ったくせにろくに何も載ってないってのが、そいつが俳優である証拠さ。ザッカーバーグを検索してみろよ...

というコメントもありました。
続きを見ようとしたら、
http://www.godlikeproductions.com/forum1/message2207534/pg3
なんと、
私のIPアドレスは禁止されてると出て、それ以上は何も見られませんでした。
そこでまた全体的な検索を続けていったら、色々出てきて

ちょっと変な点、気づいたんだけど
https://fbcdn-sphotos-a-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash3/734014_374812709301783_411856684_n.jpg
1. 血の跡はどこにあるの? もし流血が止まっていたとしたら、彼はもう気を失ってるはずじゃ?
2. 両足が吹き飛ばされたってのに、痛みも感じてないしショックもないって顔してるね。それに こいつ等どこから車椅子盗んできたの?
(その下3番目は、彼があの米兵だったという話)


そこ、拡大で足の怪我
何で左足を相当右に持っていって支えてるの?と思ったが
インチキの"足"が転がったりはずれては困るからじゃない??

上と同じ写真が掲載されているNYタイムズの記事には
http://www.nytimes.com/slideshow/2013/04/20/us/20130420_BOSTON.html#5

Jeff Bauman, who was waiting to watch his girlfriend cross the finish line, was rushed to an ambulance. Both of his legs were amputated below the knees, but he was instrumental in identifying the two suspects.

ガールフレンドのゴール到着を見ようと待っていたジェフ・ボウマン、救急車へと運ばれる。彼の両足はひざ下から切断されたが(彼の目撃したことが)2人の容疑者特定に役立った

という記述が。
そうですか、この犠牲者の証言が犯人逮捕に結びついたと。

順番も忘れかけだが、次に見たのは多分これ
http://postimg.org/image/ibxqc2qlh/
その上の写真。煙が見えてるので、これが下の写真より先に撮られたはずだが、赤いジャケットで白いシャツの黒人女性の向こうに倒れているべきジェフ・ボウマンの姿がない・見えない!
同じ写真はAP伝↓で載っているので、念の為

Boy dies waiting to watch Dad cross the finish line as bombs blast Boston Marathon
http://www.news.com.au/world-news/reports-of-explosion-near-finish-line-of-boston-marathon/story-fndir2ev-1226621194152
そして下の写真、「両足を吹き飛ばされた」ジェフが転がっている図
ジェフ周辺拡大、
これ等を見て、まず思ったのは

随分、赤ペンキみたいな血だな
あとから姿を現すジェフはどこにいたの?
想像を絶する痛みに耐えてるにしては、あまりに冷静な顔つき
彼の足、骨が見えてるより上に血がついてないうえに、そこら中血だらけになってないのはおかしくない?


また、こっちの掲示板では

Boston Marathon - alleged "terror attack" - April 15, 2013
http://cluesforum.info/viewtopic.php?p=2383264&sid=94db3f897498b45bda50ccb66150c90f
NYタイムズの記事では彼のシャツが燃えていたって話なんだけど、燃えてもいないし焦げも見えないよ...
こちらの写真はどこから取ったんだっけ、とにかく少しはシャツが焦げてるというより、汚れてるらしいのは見えるけど
車椅子に寄り添って走ってるこのカウボーイ・ハットのおじさんが息子をイラクで失ったとかのお涙頂戴ストーリー。それでジェフがまるで息子に思えて救急車への搬送まで助けたんだと。

人々の感情を刺激し、同情を集めって、
極悪犯罪人どもが我々一般市民を騙すときによく使う手ですけど。

In Grisly Image, a Father Sees His Son
http://www.nytimes.com/2013/04/17/us/in-grisly-image-a-father-sees-his-son.html

上の「シャツが燃えていた」話はこのNYタイムズの記事に
みんながしっかり読むように(^^;
NYタイムズはそこに出てくるジェフを助けたおじさん
Carlos Arredondoが、息子を失ったときの記事へと

A Father With a Coffin, Telling of War’s Grim Toll
By TRYMAINE LEE
Published: February 1, 2007
http://www.nytimes.com/2007/02/01/nyregion/01father.html?_r=2&

リンク貼ってます。
アメリカの52歳(現在の年齢)にしちゃ、若く見えると思うのは私だけ?

そして出くわすべくして出くわしたのがこのサイト

Boston Bombing Actor
http://www.bbmisc.com/tempor/showthread.php?20697-Boston-Bombing-Actor

取ってなかったスクリーン・ショットを取ろうと思って開けたら
すでにページは削除されていました。
これを見る前に、そこからコピペ転載したページを見たし、前々回の記事へのコメントでも他の読者から別ページのリンクも頂戴しましたので、大変結構なことに、多くが拡散のためにアップしている模様。

私もこれをすぐさま英語のリストにコピペ転送したので、
バッチリ中味はキープ。それを基に訳します。

ボストン爆破事件の俳優

これは奴等が僕たちに見られたくないものだ。どうか君たちが知ってる人全員に知らせて(警告 見た目ショッキングなイメージもあるけど、血やら何やらみんな偽物だから。医学的観察から証明できる)。

僕はオレゴンで救命士Bの資格を持っている。動脈からのひどい出血や内出血、死亡事故や、病院に着いたら死んでた例も見てきた。ひどい外傷を直接見てきた個人的な経験から話してる。

これが両足切断された俳優の写真だ。
僕の分析と、写真を並べて見ながら読んでくれ。
http://www.kaotic.com/media/pictures/f8b4e8bc6ce4b653ecac5442b556ee65.jpg
もし爆発物からの外傷で両足を失ったとしたら、大腿動脈からの出血により1分で(*体の)半分の血液を失い、2分で死ぬよ。榴散弾などの鈍い武力からの外傷の方が、傷口が切られるのではなく肉が裂かれ、もっと動脈や血管組織を露呈するから出血はひどくなる。人体は5~6リットルの血液を有している。もし実際に起こった(*両足を爆発で失った)なら、そこら中血の海で、彼は血まみれになっているはずだよ。それに動脈から血が噴き出すのも見られたはず。大抵、彼はショックから幽霊のように白くなったあと吐いて、狂乱状態になるか気を失うかだ。"止血帯"だけど...

ちゃんと結んでもいないよね、重力で垂れ下がってるってことは、切断された動脈に対し何の役目も果たしていない。(*止血のための)何のプレッシャーも与えられてない。(*プレッシャーの)調節をするための棒をつけた結び目も何もない(*包帯などに繋げて、回すと止血の為にグッと締め付けられる、あれか)。包んでもいない彼の左太ももの内部(専門用語では左の大腿近位部)のギャップがはっきり見える。彼の手にも血が全然ついてない。地面にも全くないし。手や唇の色から血行もいい状態だとわかる。

これは俳優だ。これは演技さ。
どうやって、やったかって?
見せてあげるよ

6フレームの左側、フードをした男が偽の足の怪我に見せるための義肢の準備をしている。そいつの手はそこに向き、注目している。女はそこで何が起きているかを隠す壁の役目をやってるよ
8フレーム目では義肢の準備が出来た。爆発後数十秒かのこの混乱のなかで、フードの男は合図なんだろう、時間をかけてサングラスをかけている。
9フレーム目では今やサングラスをかけたフードの男と女が目と目を合わせて確認してる。合図を受け取ったと
11フレーム目ではゴー・サインを受け取った女が二人の見ている先のほうへ向けて手を広げて「もうカメラを回していいぞ」のジェスチャーをしてる。両足を失った男は前かがみになって怪我した左の義肢を女の肩越しに宙へと上げている。全然血がついてない。骨は乾いてるし、彼の足、ひざから上にも女にも全く血が見られないし、動脈からの噴出も何もない。
14フレーム目、女は頭を右に向けるが、左手を広げて合図を続けてる。フードの男は女の後ろで歩道に偽の血を注いでいる。両足を失う男は両足を上に上げてる。でもいまだに彼の足には血がついておらず、傷口から上の皮膚も同様で乾いている。
20フレーム目、偽の血や義肢は準備万端だ。両足を失う男も女と一緒に手を広げて、カメラを入れろと合図。もう20フレームも見てきたけど、両足を失う奴から一滴の血も見ていない。彼の足は乾いているし、女も同様で無傷だ。二人とも手で合図してる。
これらは俳優さ。これは芝居だ。閃光粉を使ったんだろう。どこにも電気鍋と釘の爆弾なんかない、囮の演技だけさ。もし銃撃犯でも探してるなら、ボストンの街にいる軍隊を見ろよ。みんなに知らせてくれ

ATS


(*)は私の注。
私が見たページではそこで終わっていました。
最後のATSは"Above Top Secret"じゃないかと思われるので、初出はそこだったかも。

それより前に紹介したサイトで指摘していたことなどをこれと合わせて載せているのが、私のブログにコメントしてくださった方(Anonymousさん)が紹介していた

Frame by Frame analysis of Crisis Actors preparing double amputee ACTOR at Boston Bombing
http://atruthsoldier.wordpress.com/2013/04/22/frame-by-frame-analysis-of-crisis-actors-preparing-double-amputee-actor-at-boston-bombing/

です。
そこの後半に書かれてたのは(逐語訳じゃなくて記憶メインで再現)

このシーンでは右の方で膝立ててる男が右端に立っている白いシャツの男に何か指示を与えているみたい。右端手前の女性も、爆発のショックなどが全然見られない感じ。フードにサングラスの男もリラックスした感じで指示を聞いているみたい。白いシャツに赤ジャケの黒人女性は両足を失う男性の手前で彼を隠す役目が終わったから動こうとしている。また柵の左側に、息子を思い出して彼を助けるカウボーイ・ハットのおじさんカルロス・アレドンドが立ってるけど、ただ見てるだけって風情。
それに対して、煙が消えたこちら(つまり上よりあとに撮られた写真)では、爆発で両足を失ったジェフが横たわっているが、さっきリラックスしてたフードの男に二人もついてるのにジェフには誰も手を貸していない。左手前の女性のポーズはさっきと同じ。血だらけの地面にさっきまでいた黒人女性はどこへ?
おや、その彼女はさっき全然血もついてなかったのに今や血だらけでスパインボード担架に乗せられている。
ホントなら、両足飛ばされた方が先に処置を受けるなり死んじゃうかするのに、軽症の女性が担架で、両足なくすのが地面に取り残されてるって絶対あり得ないし、そこら中が血の海になってるはずだ

(和訳終わり)

私も最初色々探して見ているときに、上の最初に言及されている女性の写真を見て、

Boston Marathon bombs: as it happened
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/9996363/Boston-Marathon-bombs-as-it-happened.html
おかしい!と思ったのですよ。
シャツに穴が開いてるけど、穴から見える皮膚が怪我をしている様子がゼロ!!

他にもちょっと観たビデオにこんなのもあったし
(ズボンから見える足に、血もついてない)
それに、これはこの鋭い分析を画像とともに広めてくれた"Fist-Of-Freedom"(自由の拳。すでにリンク切れ)氏から指摘されていなかったと思うが、軽症者を担架で運び、両足飛ばされてる方を車椅子に乗せるって絶対あり得ない!!と思いません?

それって結局カメラでしっかり彼の運ばれる様子を衝撃的に見せて同情を誘い、その感情の目くらましでもって真実を余計に見えにくくしているってことです。

彼の指摘にあった相当量の血を失っている点については、ニック関連の記事を見れば一目瞭然

Lt. Nick Vogt, Double Amputee Soldier Who Battled Death, Makes Incredible Recovery (PHOTOS, VIDEO)
http://www.huffingtonpost.com/2012/11/06/nick-vogt-soldier-double-amputee-recovery_n_2082647.html
300人以上の兵隊が彼の為に血液を提供してくれて...
という話が載っている。

このジェフを救うために「300人以上の市民が輸血に協力した」って話は見かけなかったように思うけどねぇ。

そして(長くなるが)メーク・アップについてちょっと触れておくと
女優のグレン・クローズが
『アルバート・ノブズ』で男装したときとか、
(男女の差だけで、別人に扮装したわけではない)
怪優アンソニー・ホプキンスが
ヒッチコックをやったとき
相当印象が違いますよね、殊に後者。
#両者ともオスカーは逃してるけど

で、ジェフとニック(アフガンで足をなくした)を見ていくと、顔の輪郭などは非常によく似ているが、ニックの左耳が特異な形をしている。まぁ、そんなのは特殊メイクですぐ隠せるし、目の色だってコンタクト入れれば大丈夫。どうせ新聞等で公表される画像・映像は高画質じゃないからまともな比較も出来にくい。

私が一番違和感を感じたのは彼の髪。
に見られるようにジェフの柔らかな髪の感じが「被害者」の方には全然ない。
色も違うしね。で、「ボストンのジェフ」とニックを並べてみると
ニックは両方とも笑ってるので比較しにくいが
垂れ気味な目と眉毛を吊り上げて左耳の特徴を隠せばOKって感じですね。

俳優のブラッドリー・クーパーが病院のジェフを訪ねたときの写真も出ていたが
そのジェフと「ボストンのジェフ」とを比べると
事件後ホンの数日なのに、病院で寝てるジェフの頬が結構ふっくらしているうえに目がパッチリ風で、おまけに髭は事件当日のほうがちょっと多いみたい!(^^;

当該コメントを投稿した「ソラアキラ」氏は単なる善意で書き込んでくれたのかもしれませんが、まだまだ読者数が足りないと思っているこのブログにわざわざやってきて「重大な間違い」を指摘してくれたお陰で、もっと詳しく調べられましたよ。
アフガンで足を失ったニック・ヴォウトが事件でジェフ・ボウマンを演じたか否かの確証はないかもしれないが、ここまで年齢や顔の輪郭が似ていて、両足のない役をやれる人って滅多にいないと思いますから、やはりニックがジェフ役を務めた可能性は大きいと思います。

役者として、演技が全然うまくないしね。
それが誰であったにせよ、一体どんな口実でこの役をやらされたのか?
それがやはりニックだったとして、9/11の嘘で戦争に行かされ、両足も失ったうえにこれだから、とても可哀想だと思います。

そしてサンディー・フックのときもやっていたけど、
このジェフ・ボウマンのための寄付も

BUCKS FOR BAUMAN!
http://www.gofundme.com/BucksforBauman

相当額が集まっているそうです。やれやれ...

以前「宮城沖M9は本当か?」を書いたときに「?」を感じたジム・ストーンは、
あれはジェフでもニックでもない」と言ってるようです。

もひとつやれやれ、これをアップするのに
あと、どれ位かかることか...ですが、拡散よろしく!!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

17 comments:

  1. 素晴らしい洞察力お見それしました。

    今回の容疑者のチェチェン兄弟で、死亡した兄の遺体写真も裂傷などが不自然で、こちらも特殊メイクだと思います。

    アポロ計画のやらせも 「2001年宇宙の旅」のキューブリック監督の作制だった事は有名ですが、ハリウッドとアメリカ政府(軍)の関係は強く、ハリウッド映画へのオスプレイ登場は異常な程です。

    これからも解析情報を宜しくお願いします。
    また、お気を付けください。

    以上

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      「お見それ」されました。(^^;
      私も「兄の遺体写真」見ましたが
      (ここのコメント3番目の方が下さったリンクにあり)
      同感です。顔の血の色があまりに紫過ぎるし、横っ腹の傷が
      どうにも異様ですね。そこの周囲が汚れてないのも不自然だし。

      >お気を付けください。

      医療関連問題で(日本でも)変なのを二人もみつけましたが
      私がブログ用にメモするファイルが、今開けたらメチャメチャに
      されていました。色々な情報を書き込んであったのに、すべて
      //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
      で埋められてしまった。orz
      また一から集めなきゃいけなくされたということで、
      不可能じゃないけど、それだけ私の時間とエネルギーを
      無駄に使わせられるということです。

      が、これは見方を変えれば
      私が相当嫌われている=相当な脅威になっている
      ということですから、ある意味で喜ばしいことかと。

      ついでに言っときますが、私は自殺しませんからね!

      Delete
  2. コメント追加です。

    ジェフの車イスで運ばれる姿ですが、わざわざ惨たらしい(足の骨が露出した)姿で運ぶとは考えられませんね。

    普通で考えれば、何か布のようなもの(衣服でもいい)で覆ってあげるでしょう。
    足の状態が良く分るようなアピールにも見えます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 全く同感です。
      角みたいなのが頭に突き刺さった女性の画像も見かけましたが
      あれも変ですよね。

      本当の戦場の悲惨さをひた隠しにする連中が、
      どうしてこのような事件では「悲惨な」状況を
      わざと見せたがるのか?です。

      Delete
  3. Boston Truth Revealed

    Fuck'n US evil Government  

    http://imgur.com/a/Nx8EU

    ReplyDelete
    Replies
    1. Thank you for the link. ;o)
      I included that in

      Boston Marathon bombing is yet another inside job!
      http://aus911truth.blogspot.com/2013/04/boston-marathon-bombing-is-yet-another.html

      > US evil Government

      is actually a company, did you know that?
      The US,
      http://twitpic.com/ccw2y1
      Japan,
      pic.twitter.com/pmEeB2ewlB
      South Korea,
      http://twitpic.com/cdd7yv
      and more.

      Huge fraud has been going on for decades if not century!!

      Delete
  4. こんにちは、当該コメントを入れたソラアキラです。
    私のコメントに対して、傍証記事を作って下さいまして感謝いたします。

    以下に対して私よりのメッセージを書かせてくださいませ。

    >当該コメントを投稿した「ソラアキラ」氏は単なる善意で書き込んでくれたのかも>しれませんが、まだまだ読者数が足りないと思っているこのブログにわざわざやっ>てきて「重大な間違い」を指摘してくれたお陰で、もっと詳しく調べられましたよ。

    今後のあなたのブログにより信憑性を見出したいとの私の勝手な思いから書いたまでのコメントです。
    僕はこうしたブログをつぶそうとする工作員でもなんでもありません。
    9.11は完全にヤラセであると確信し、3.11に関しては個人的にいろいろとリサーチを行っています。

    >アフガンで足を失ったニック・ヴォウトが事件でジェフ・ボウマンを演じたか否か>の確証はないかもしれないが、ここまで年齢や顔の輪郭が似ていて、両足のない役>をやれる人って滅多にいないと思いますから、やはりニックがジェフ役を務めた可>能性は大きいと思います。

    これが私の読みたかった文章なのです。

    「ジェフ・ボウマンを演じたか否かの確証はないかもしれないが」
    この一文が大切だと私は思います。

    コメントをしたあの時点では、ニック・ヴォウト=ボウマンで確定、との記事だったと思います。

    本件(ボストン爆破事件)についても、あのスピーディな逮捕劇、ならびに、
    重要参考人(つまり犯人)が一人は他界(あくまで公式発表)、弟は声帯機能マヒという、当局にとって好都合な条件がそろいすぎている点からも、胡散臭さはぷんぷんです。

    しかし、だからと言って、実在する人物の被害がでっち上げかどうかを、あまり短絡的に行うべきではないと思うわけですね。
    その方の将来や、愛する家族が悲しんでいるかもしれないわけですから。

    そうした真の悲劇までをも、陰謀の根拠にしてしまうと、糾弾する私たちからも人間性が欠落してしまいます。
    それがいやなだけなのです。

    ですから慎重な記事づくりをしてほしいと願うわけです。

    ということで、工作員でもなんでもない、いちファンからのコメントだとご理解いただければ幸いです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 更なるコメント、ありがとうございました。
      お陰で、ヤラセ確定できましたし。

      >その方の将来や、愛する家族が悲しんでいるかも

      記事にも書きましたが、ニックが演技したとすれば
      本当に可哀想なことだと思いますよ。

      3/11の調査結果などお知らせ願えれば幸いです。(^^)

      Delete
  5. グッジョブ!おふたりさん!! 
    (ジェフとニックのことじゃないよ)

    ReplyDelete
    Replies
    1. 英語の掲示板で、現場のジェフの画像を見たときに
      私同様、異様な感じがして
      「まるでゾンビ映画を見てるみたいな」と形容していた人がいました。

      非常に「いえてる!」と思いましたよ。
      ケムトレイルを見て「異様だ」と直感でわかるのと似てるかな、と。

      Delete
  6. 最近こちらのブログを発見しました。
    真実を拡散する為に、多大なるお時間を費やされていて、頭の下がる思いです。
    今回の検証において、追加として「ニック・ボートもジェフ・ボーマンも左手の小指が無い」という情報があります。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51880406.html
    確かに、管理人様の今回の記事中の写真でもジェフ・ボーマンの「左手の小指が無い」ように見えますね。
    管理人様の努力もさることながら、やはり911から十数年を経て、ある一定の米国民が「自国が一体何をやろうとしているのか」に気付き、こういった「自作自演」のヤラセの後にはほぼリアルタイムで糾弾を始めた事は、大きいと思います。

    今後の、ご活躍も楽しみにしております。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 「現場のジェフ」とニックが「左手の小指がない」ということですね。
      私が見た範囲では「現場のジェフ」のそこは見えないので
      どこかに見えている画像があったら、お教えください。

      しかし仰るとおりで、本当に注意深く見る人間が増えたことは幸いです。
      全米で、また日本でもどれほどの人数が理解しているか?ですが
      原発問題、電磁波問題、医療&製薬業界の一大詐欺問題など
      それぞれの問題に目覚めた人々を束ねて力にしていかないと
      そして、本当に効果のある、売国犯罪者たちが痛手を被る方法で
      反撃をしないとダメですよね。

      >今後の、ご活躍も

      ありがとうございます。
      上のレスに書いたように、
      ブログ用のメモ的ファイルがダメにされましたので参りましたが
      またボチボチと。(^^;

      Delete
  7. もう一週間以上前に読んだ記事(英語)で、どこだったのか覚えていませんが、死亡された三人の人達の名前と出身地は分かっていても、家族がどこにいるのか、住所も連絡先も分からないそうです。別のブログには、犠牲者の一人はも3年前に亡くなっていた人だったと書いてありました。今、それらの記事を探している所ですが、100近くのサイトやブログを見ていたので、どこ経由で辿り着いたのか覚えていません。読んだ時は、他にも同じような記事があるのだろうと思って保存しませんでした。
    核心に触れる情報なので、削除されてしまったのかもしれませんね。

    ReplyDelete
  8. http://imgur.com/a/Nx8EU

    このサイトはいろいろな所からの写真を集めて公開してありますが、その一つに、ボストンの爆弾で負傷した Donna と言う女性の写真がSandy Hook で死亡した Barbara Sibley 校長先生と同じ物でした。

    http://www.wellaware1.com/boston.shtml

    このサイトでは、Crisis Actors が他の事件でも犠牲者の役を演じていたと暴露しています。何故か、皆、ユダヤ系の名前です。

    ReplyDelete
  9. Amputee actors help make Boston Marathon Bombing Drill look real?

    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qNsnCVuE2C4


    LOOK! Proof That Craft aka Blackwater did the Boston Marathon Bombing!

    https://www.youtube.com/watch?v=FytGZRdWBag


    Boston Bombing: What You Aren't Being Told

    https://www.youtube.com/watch?v=Wpu6_kArb9U


    Many Questions Still Left Unanswered About Boston Bombing

    https://www.youtube.com/watch?v=PhslVyYRhNQ


    Eyewitness Account of Controlled Explosion Drill at Boston Marathon

    https://www.youtube.com/watch?v=kmPTSmS3jeY

    ReplyDelete
  10. 法務省はテロ対策の訓練が同時進行していて、テロリストと犠牲者はボロンテイアと役者であった事を認めました。


    The Truthseeker: Boston Bombing - What You Aren't Told (E14)

    https://www.youtube.com/watch?v=GcxmAunB4Ck&feature=em-uploademail

    ReplyDelete
  11. Bauman の 募金ページなどにのっている写真もまた、完璧な合成
    http://onodekita.sblo.jp/article/66396229.html

    ReplyDelete