Sunday, April 20, 2014

ネット上の反論へのお返事――「HPVは子宮頸癌の原因ではない」!!&ケムトレイルにも気づいてね

私がブログ、トップからリンクしてお勧めしている「新しい創傷治療」の夏井医師
包丁でうっかり切った傷も、夏井方式のワセリンとラップで すぐ治った!

が ご自分のサイトで、読者からのメールを紹介なさっていることを知り、私もHPVワクチン詐欺について書いて送ったら、手間暇相当かかったでしょうに掲載してくださいました。(^^)

その後それへの反論が他の読者から出されたので、お返事をメールしたら

「ブログなどの形で文章にまとめ,
そのアドレスに私のサイトからリンクする,という方式にして」

ください ということでしたので、ここに書き込みます。
まずは、その反論を一応コピペしますね。

私が書いた
「ハイリスク」と呼ばれるHPVに感染した人のうち,なんと99.85%は自然治癒しちゃうんですよ。それがどうして「原因だ」と言えるのでしょうか?

部分への反論ですが

 この理屈は、さすがに無茶です。
 スギ花粉がいくら飛んでも、花粉症を発症する人は3割程度ですし、スギ花粉だけが花粉症を引き起こすわけではありません(ヒノキやブタクサの花粉症の人もいます)が、スギ花粉が花粉症の原因であることに間違いはないでしょう。(少なくとも大きな原因の一つではあるでしょう)。
 HPVに感染すると、しない人より数十倍~数百倍も子宮頸がんを発症しやすいのですから、少なくとも主要な原因の一つといってよいでしょう。そういう意味で「HPVは子宮頸がんの原因」です。

(コピペ終わり)

では、(加筆、画像等も入れつつ)私のお返事です。

>この理屈は、さすがに無茶です。

全然、無茶ではありません。理に適った科学的見解です。
普通に考えれば誰もが気づくはずの超・簡単なことなのですが、
長年洗脳されてきた人々には非常に見えにくい。

それは、自分が「ずっと信じてきた=信じ込まされてきたこと」を否定されるから、ご本人が無意識、無自覚のうちに「感情」が事実を直視する行為の邪魔をし、論理的・科学的思考をする以前にその異論を拒絶して、詐欺犯罪者にとって非常にありがたいことに、彼等に都合のいい口実まで考え出すようになっているからです。

現代医学の大部分は、宗教と何ら変わりありません。

小さい頃から「怪我をして膝をすりむいたら、赤チンをつける」と教え込まれたので、そこから抜け出せないのです。そうした信仰心の厚い人々が、いつまでも間違った治療や投薬を買い続ける。本当の原因は隠して 正しい対処をしないから、治りもしないのに。

>スギ花粉がいくら飛んでも、花粉症を発症する人は3割程度

それも、もともと重金属毒をはじめとする様々な毒が
そこら中から人間に入るように意図的に計画&実行されてきたので、

かつては存在しなかった「病気」である「花粉症」になる人がどんどん増えたのですよ。
私も、医者に言われて打った(=買った)インフルのワクチンでさせられた花粉症に。
とにかく 本当の「原因」があなたには まったく見えていない。

私のいる周辺でも、詐欺犯罪者たちと彼等に誤誘導された市民が一所懸命「街中を禁煙に!」とかやってますが、タバコに入れられた中毒物質や発癌性物質を禁止すればいいものを、それはやらない。タバコを禁止するなら、臭くてたまらない安物(とは限らない)化粧品・香水やアルミ入りのデオドラント・スプレーも一緒に禁止してほしいが、それも決してやらないし、それらが毒であることも人々には教えない。因みに私は嫌煙家ですが、煙を吸わされない限り、愛煙家が自らの選択で吸っているその権利と自由は尊重すべきと思っています。

とにかく多くの人々が色々な毒を取り込まされてきたために、
以前はどうということもなかった物質に敏感に反応するようにされてしまった。

近年出てきた化学物質過敏症や電磁波過敏症も同じことです。

>スギ花粉だけが花粉症を引き起こすわけではありません

ケムトレイル雲の種撒き
という犯罪行為で世界中に撒かれているナノ・サイズの毒性物質も
呼吸系統などに害をもたらしているが、
雨水や沼の水から検出されたアルミとバリウムの量にご注目

この問題にも、多くの市民は気づいていませんね。

近年は教科書にすら、それらは自然の雲だと思い込ませる記述が出ていると聞く。
詐欺犯罪者たちは、将来世代の洗脳にも忙しい。

ケムトレイルを ほぼ毎日頭上に撒かれていた我が家では、イチゴもイラクサ(お茶にして飲んでいた)もカンフリー(湿布薬の元)も全滅にされ、私も毛髪と尿検査で結構なアルミ、バリウム、ストロンチウムの3点セットが出ましたが、森林や農作物被害も各地で言われています。英語がおわかりになれば、参照サイト

http://www.bariumblues.com/
https://www.rebelmouse.com/geoengineeringrebel/
http://aircrap.org/
http://www.geoengineeringwatch.org/tag/aluminum/
http://www.aboutthesky.com/tree-decline
https://twitter.com/CAchemtrails

など多数あり。画像、映像を見るだけでも参考になるでしょう。

アメリカでは数ヶ所で住民が立ち上がり、データを集めて地方政府等にケムトレイル撒布を禁止するように訴えたが、何ら正当な反証もないまま、追い払われておしまいでした(YouTubeのどこかに映像が出ている)。

本題に戻って、

>スギ花粉が花粉症の原因であることに間違いはない

<それへの人体サイドの反応のし方に変化が出ている>
という視点すら完全に欠落しているので、大変残念ながら
巷で言われることを鵜呑みになさっているだけですね。

「増加してきた」のは何故か?を全然考えていない。
癌も同じでしょ。医学が進んだと言われる今日でも、そこら中でピンクのリボンなどで人々の感情に訴え、代替医療で治癒出来ることはヒタ隠しにして 研究費等の名目で金集めをしている。「癌治療」と呼ばれる毒物で、多くを殺しながら。でも、癌は増えている。

減るわけないですよね、
我々自身が、年々、もっと毒まみれにされているんだから。
#出産直後に与えられるビタミンKが、小児癌・小児白血病を増加させてるし

>HPVに感染すると、しない人より数十倍~数百倍も子宮頸がんを発症しやすい

投稿主さんが例に出してきた花粉症もですが、全員がなるわけではない
何故ですか?

風邪だって同じでしょう。
同じ風邪菌を吸ったはずの人々だって、全員がひくことはない。
なかに平気な人もいれば、ゴホゴホ相当苦しむ人も出る。
その違いは何か、考えたことないんですか?

それは「受け手の問題」です。
HPVで出来た"おでき"に体を覆われ、トゥリーマンと呼ばれる男性の手

HPVも 普通に健康的な暮らしが出来ている人なら、何の脅威でもない=ちっとも怖くなんかないウィルスです。生まれたばかりの赤ん坊にもくっつくような(親にはなかったのに)、そこら辺にいるウィルス。免疫がちゃんと普通に働いてさえいれば、追い払ってくれちゃう。それが消えずに、感染が長引くのは何故か?

そこを考えなければいけないのに、誤誘導されてまんまと引っかかっている。
ディディを診察したガスパリ医師は、その原因を「HPVだ」と言ってない!

本来、働くべき免疫が 何故機能していないのか?
そこに、本当の原因が隠されているのです。


ストレス、喫煙、飲酒、避妊用ピル、カフェイン等 体によくないものの摂取過剰...
色々考えられますが、近年癌をはじめ様々&異様な疾患が増加していることを鑑みると、重金属毒や農薬、添加物、GM(遺伝子組み換え)、電磁波等々に加えて現代医学のワクチン、薬や治療で体に入れられた毒が功を奏しているだろうと思われます。

「風邪を引くのは風邪菌が入ったから(風邪菌が原因)」という嘘を信じ込まされた私たちは
すでにその時点から、何十年も世界中で展開されてきた
「現代医学」という壮大な詐欺システムにまんまと乗せられた
のですよ。

テレビや新聞で、「HPVがこの癌の原因です」「HPVは恐ろしい!」
と嘘をついて脅威を煽り、
「このワクチンは、その恐ろしいHPVを予防します!」と宣伝すれば、
その過大で虚偽の広告を鵜呑みにして、事実を調べない人たちに
邪悪で高価な毒を、税金まで使って大量に売れるから。
「感情」で釣るため、ここでも女の子たちの好きなピンクが使われている

それがこの「子宮頸癌ワクチン」
という似非名称で売られている毒ワクチン詐欺の根幹です。

>そういう意味で「HPVは子宮頸がんの原因」です。

以上の説明でも まだおわかりにならないようであれば、
あなたは将来、先に紹介したツア・ハウゼンの妻が中心となって
「乳癌予防ワクチン」を売り出しでもしたら、真っ先に打つタイプですね。

そして、犯罪隠蔽のための"副反応"という似非名称で呼ばれる被害が出たら
(前回書いた、毒ワクチンを売って将来の顧客増加促進した結果)
また懲りもせず病院に行って
診察→検査→診断(似非病名の告知)→投薬・治療(=毒)を買う
という、悪しきスパイラルに はまることでしょう。

どうぞ、お気をつけて!
(お返事、以上)

尚、最初に転載してくださった文章の最後には
夏井先生が「時間切れで載せられなかった」3つの文がありました。

ついでに、この長文メールの最後ですが

とにかく、ワクチンは打たないで
※全部、毒だよ。打たないで!!

薬も、飲む前に成分や添加物、それぞれの毒性も調べること。
今の世は、「医者も薬屋も商売だ」という認識が致命的に欠落しています。



★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。
後日手直しすることがあるので、全文転載はご遠慮戴きます。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

1 comment:

  1. ケムトレイルのスレにも、ご意見等いただければ幸いです
    http://ai.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1396359267/

    ReplyDelete